Jetstarの受託手荷物料金を割高にしないために

旅行に行くときは着替えを持って行ったり現地でお土産を買ったりするので大きなbagやリュックサック、スーツケースなどが必須です。日帰りで行ける距離ならあまり気にすることはありませんが、宿泊を伴う国内旅行や海外旅行に出かけるなら身の回りの品や買い物をして増える分など持ち物がどれくらいになるかきちんと考えることが必要です。

ジャルや全日空など大手の航空会社は厳密に重さや大きさを計算しなくてもほとんどの場合は無料で所持品を預けたり持ち込んだりすることができますが、チケットの値段が安いLCCは荷物の扱いが厳しいので事前にしっかり確認しておかないと空港で多額の追加料金を払うことになり、せっかく格安で買った航空券が結局割高になってしまうケースもあります。

成田や関空と札幌や沖縄、鹿児島など日本全国を結んでいてオーストラリアや韓国など海外旅行にも使えるjetstarはLCCの中でも利用者が多い人気のエアラインです。大手が就航していない路線も飛んでいるので意外と使いやすくて、早朝や深夜に出発したいときも重宝します。チケットを買うときにオプションで所持品の重さを計算して同時に支払うシステムになっているので、旅行に行く前にあらかじめスーツケースやバッグの大きさと重さを確認してから航空券を手配する必要があります。空港で当日購入することも可能ですがかなり割高になるので予算を節約したいなら事前に手続きを済ませておくほうがお得です。

jetstarのエコノミークラスのチケットは「スターティア」「Starter Plus」「Starter Max」の3種類があります。「Starter」だと何もオプションが付いていないので、15キロから40キロの範囲内で受託用のバッグの重さを5キロごとに購入するシステムになっています。「Starter Plus」や「Starter Max」だと料金の中にそれぞれ10キロや30キロまで受託オプションが含まれているのでその範囲内であれば追加料金を払う必要はありません。チケットの料金がすこしたかくなるので最初は高いと感じても、重いものを預けたいときや座席を指定したいとき、機内でサービスを受けたいなどの希望がある場合は結果的に割安になるので便利です。

LCCは航空券が格安でも荷物の重さや数をしっかり計算しないと最終的に追加料金がかかって割高になることがあるので、旅行の前にきちんと確認しておきましょう。

Follow me!