Jetstarの機内に持ち込める荷物は基本は1個

jetstarの機内に持ち込める荷物は基本は1個

チェックインカウンターで預けると別途それなりの費用がかかることもあって、であれば自分で機内に持ち込もうと考える人がいるのは分かりますが、機内に持ち込める個数にも制限があるのです。サイズについても細かい規定があり、56センチ×36センチ×23センチまでとされています。要はこの直方体内に収まらないようなサイズのものは持ち込めません。他の2辺が規定内でも、残りの1辺がたとえ1センチでもオーバーしていると規定違反となります。このサイズは大手航空会社と同じか若干小さい程度です。

キャリーバッグなどを持っている人も多いでしょうが、機内に持ち込もうとする場合は、このサイズ内に収まっているかどうか、予め確認しておきましょう。当然のことですがこのサイズは外寸です。つまりハンドルやキャスター部分も含めたサイズです。

荷物の規定

なお、サイズだけでなく重さについても規定があり、7kgまでです。大手航空会社では10kgまでとしているところも多いですから、7kgという重さの制限には注意しなければなりません。
ただし、いわゆる身の回り品はこの1個の荷物とは別に1個まで機内に持ち込むことができます。身の回り品の具体例としてはハンドバッグ、ノートPC、傘、一眼レフカメラなどがあります。ただし、重さとしては合計として7kgまででなくてはなりません。

今回乗ったANAはよかったなーって言うか多分普通なんだろうけどf^_^;前回沖縄帰るときにジェットスター初めて乗ったけど、あまり良くなかったからそう感じるのだろうけど。ジェットスターとか荷物預ける時の人とか質問したらシカトしよったけどANAはちゃんと答えてくれた。

機内に持ち込める重量

要は、機内に持ち込めるものは、56×36×23までのもの1個と、それ以外にハンドバッグなどの身の回り品1個の計2個までで、重さは合計で7kgまでということになります。
もしこの制限をオーバーすると、チェックインカウンターで預ける必要があります。もちろん別途手数料がかかることになります。また、仮にチェックインカウンターをクリアしたとしても、搭乗ゲート前でも確認される可能性はあります。制限をオーバーしていることが分かれば、そこでも貨物室預かりに変更される可能性はあります。

実際問題として、多少の制限オーバーがそこまで重箱の隅をつつくようにチェックされることはないかもしれませんが、一方でjetstarはLCCであり、チケット代金はあくまでもその制限内までの荷物を含めた料金で、それを越えるものは別途手数料を徴収することで全体として安くできている面もあるわけですから、大手航空会社よりは厳しい目で見られると思っておいたほうがよいでしょう。
なお、この制限はjetstarのエコノミークラスでのものです。ビジネスクラスの場合はこの制限が緩くなり、ほぼ倍まで機内に持ち込めます。

Follow me!