Jetstarで帰る際にはお土産のことも忘れずに余裕のあるバックで

荷物制限のLCCでの注意店!

jetstar航空は格安航空会社、いわゆるLCCで、チェックインカウンターで預ける荷物の重さに制限があるというか、基本的に預けるものは全て別料金になると考えておかなければなりません。
とくに、帰りの便についてはお土産で重さが増えることも十分に考えて、余裕を持たせておくようにしないと、思わぬ追加料金がかかることになりますから注意が必要です。
預けるスーツケースなどについては、予約した運賃種別ごとに異なる規定が適用されます。

まず、Starter運賃の場合は預けるスーツケースなどは全て有料です。15kgから40kgまで5kg刻みで選択することができます。15kg以内であっても15kgの料金が適用になります。1個あたりの重さは32kgまでである必要がありますから、35kgや40kgになる場合は2個以上に分割して、1個あたりの重さが32kg以内に収まるようにする必要があります。なお、合計の重さが選択した重さの範囲内である限りは、預け入れる個数に制限はありません。

プランによって異なる手荷物事情

次に、Starter Puls運賃で予約した場合は、運賃が4000円追加になりますが、20kgまでは無料で預けることができます。20kgを超えても、40kgまではStarter運賃のときと同様に5kg刻みで選択することが可能です。
運賃種別として、Starter Maxで予約した場合は、運賃が4700円追加になりますが、30kgまで無料で預けることができ、上と同じく40kgまでは追加することが可能です。

これらの種別は便ごと、一人ごとに設定することが可能ですから、お土産の増えそうな帰りの便だけ追加しておくということや、2人で旅行するけれども荷物は1人に集中させるから1人だけが追加するというようにきめ細かく選択することができます。

機内に持ち込める重さとは

なお、スーツケースのようにカウンターで預けるもの以外に、機内に持ち込むことができる分がありますのでそれも説明しておきましょう。機内に持ち込む分については、別途手数料を支払って上限を引き上げるというようなことはできません。StarterであってもPlusであってもMaxであっても全て一律となっています。それは、重さ7kgまでです。

逆に言うと、7kgまでの範囲に収まる限りは、機内に持ち込めるのであれば持ち込めば追加料金は一切かからないということでもあります。スーツケースに入れる分と、機内に持ち込む分とをうまく仕分けするのが良いでしょう。

Follow me!