手荷物制限に要注意のjetstar

他社とは異なる荷物のルール

jetstarでは他の航空会社とは異なる荷物のルールを持っています。それをよく確認せずにいたために格安なチケットが手に入る魅力だけに駆られてしまったときには荷物の追加料金が必要になってしまいました。いわゆるエコノミークラスではサイズの制限された手荷物と身の回りの携行品をそれぞれ一つずつ持ち込めるというのは他と違いはありません。

しかし、この合計の重さが一般的には10kg以下と定められているのに対し、jetstarでは7kg以下だったのです。私の場合には行きは問題なかったのですが、帰りにお土産を買い込んだ結果として少しオーバーしてしまい、お土産の一部を受託手荷物として預けることになってしまいました。

ルールがわかっていれば安い航空会社

jetstarはルールがわかっていればとにかく安く利用できる航空会社です。追加料金を払う必要があったときには実はspan style=”background-color: #ffff00;”>10kgまで持ち込めるものだと考えて計算してお土産を全部手持ちにしていました。それ以降は本当に荷物の制限を超過しそうというときには宅配便を利用して現地から自宅まで送るようにしてしまっています。

7kgというのは意外に合理的で、これ以上重いと段差があったときなどの移動で重くて持ち上げるのが大変になりがちです。7kgまでと考えておくとその心配もなく、かえって行き帰りの体力的な負担が少なくなるとわかりました。宅配便で不要なものをまとめてホテルから送り返してしまっておく習慣もできてきています。

よく利用するようになったプラン

長期間の旅行になるとやはり荷物が多くなってしまいがちであり、jetstarのエコノミークラスでは全部を手荷物として持ち込めないという印象がありました。ただ、Starter FlexiBizというプランがあることを知って長期旅行のときによく利用するようになっています。

私が長期旅行をするのは大抵は出張のときで一週間から二週間分の衣類などを持っていますが、このプランを利用すると全部手荷物で持ち込むことが可能です。

他の航空会社と同じで10kgまで持ち込むことができるようになるプランになっています。荷物が少ないときにはこのプランを選ぶ必要はあまりありませんが、出発の時点で7kgを超えているときには便利です。

Follow me!