jetstarの荷物預けの特徴を知ってお得に乗ろう

まったく預ける荷物がないときが最もお得です

jetstarの予約はネットを使って行いますが、荷物を預けるかどうかは有料オプションとなります。客室に持ち込める荷物は2個、重量は2つ合わせて7Kgまでという厳しい決まりがあります。実際にjetstarを利用すると分かるのですが、チェックインカウンター、または搭乗時の改札で荷物を量りにのせて計量しています。

7Kg以内だと証明のタグを荷物に取り付けて飛行機に乗り込むことができます。万一、7Kgを超えていたら、その場で現金かクレジットカードで支払いを求められますので注意してください。この料金は予約時のオプション代金よりも割高になります。もちろん、7Kg以内しか荷物がない人はオプション代を払わなくてよいので最もお得なので、短期間の旅行者などにとってjetstarは本当に格安に感じることでしょう。

荷物が増える可能性があるのならオプションを選択しましょう

荷物が7Kgを超えている場合や、2つ以上の荷物になりそうなときは有料のオプションを選択します。jetstarのサイトで予約時に選ぶのが最も効率的です。私の体験上、最初の予約時でオプション選択を見送って、後から変更をかけると却ってお金がかかるのがjetstarの特徴だと感じています。おすすめなのがちゃっかりプラスというオプションです。

これは、機内持ち込みができる7Kgの荷物とは別に受託手荷物として10Kgの荷物を預けることができると言うものです。このオプションは予約便の変更も無料でできるので、少しでも予定変更の可能性がある人は選んでおくことをお勧めします。たいていの場合10Kgの荷物を別に預けることができるのならば、ことは足りるといえると思います。

さらに多くの荷物を持ち込みたい人のために

いろいろと癖があるjetstarですが、粋に感じたこともあります。私はある病気で医療用の機械をいつも持ち運んでいるのですが、jetstarは医療器具については無料で預かってくれるのです。また、車いすなども荷物として無料で預かってくれています。有料で預かってくれる場合に話を戻すと15Kgから始まって5Kgごとに40Kgまでのオプションが設定されています。

いったん予約が成立した後に後から追加しようと思うと割高になるので最初に決めておきましょう。jetstarはしっかりした旅行計画を練ってから予約をするのがお得と思います。万一変更の可能性がある場合はリスク管理として少なくともちゃっかりプラスのオプションを付けておくことをお勧めします。

Follow me!