南国宮崎の美味しいグルメお土産3選!ご当地グルメを自宅でも味わおう

日本のハワイとも呼ばれている南国・宮崎県では、様々な名産品があり、お土産を選ぼうとすると悩んでしまうという方も多いでしょう。
特にjetstarなどの格安航空券を利用すると、安い反面荷物の上限があり超過するとコストがかかってしまいます。

厳選して宮崎県のお土産を選ぼうとした場合、どんな商品を選んだら良いのでしょうか?
今回は宮崎県の定番&人気お土産をご紹介していきます。

なんじゃこら大福

宮崎名物のなんじゃこら大福は、宮崎市内に7店舗も営業している「お菓子の日高」から出されているお菓子です。
大きめの大福の中には、小豆餡だけではなく苺と栗、さらにクリームチーズが入っているという贅沢な大福です。
ボリューミーなので1個でも大満足のお土産なのですが、注意点としては日にちがあまり持たないということ。

ただし、クール便で全国発送が可能なので、お土産に買ってそのままクール便で出してしまえば、飛行機に乗る時の荷物も気にせずに済むでしょう。
また、なんじゃこら大福以外にも饅頭の中にたっぷりのチーズを組み合わせたチーズ饅頭や店頭でのみ販売されているなんじゃこらシューなども人気となっているので、なんじゃこら大福以外もぜひチェックしてみましょう。

肉巻きおにぎり

もはや全国区となった宮崎のご当地グルメ・肉巻きおにぎりは、当初お店でしか食べられないものでしたが、冷凍技術も進歩し、現在では冷凍のお土産としても販売されるようにもなりました。
肉巻きおにぎりは豚肉を特製ダレで漬け込み、ご飯に巻いて焼き上げたものになりますが、その美味しさは想像以上で、中に包まれているご飯に甘辛のタレが染み込み、ガッツリ系が好きな人には特にオススメのお土産です。

宮崎県ではお酒の席のシメとして食べられているそうなので、ぜひお土産として肉巻きおにぎりを買ったらお酒のシメとして食べてみてください。

てげてげ漬

てげてげとは、宮崎弁で「適当に」という意味を持っていて、てげてげ漬は大根や高菜、きゅうり、らっきょう、しょうがなどの野菜を細かく刻んだ漬物を指します。
植物性乳酸菌で発酵させているので酸味があり、さっぱりと口直ししたい時にピッタリな漬物です。

てげてげ漬は以前、最強のご当地漬物を決める大会、T-1グランプリの2012年大会で最高金賞を受賞しています。
宮崎を誇る美味しい漬物なので、ぜひ味わってみてください。

Follow me!