jetstarの荷物制限は合理的

特徴的な荷物制限があるjetstar

jetstarでは他のLCCに比べて厳しい荷物制限が行われています。持ち込み手荷物として認められている荷物の総重量が7kgに制限されているのが特徴です。一般的には10kgに制限されているので通常よりも3kg少ないということになります。しかし、荷物の寸法や個数については一般的なものと同じになっていて、ただ総重量だけを気にしていれば問題はないとわかりました。

重量が軽くなれば燃料代や荷物用のスペースを節約できるので、結果的にjetstarが格安で航空券を提供できるようになっているのです。

初めて使うときには心配でしたが、本当に7kg以内に手荷物を減らせるのかというのが不安は使ってみたら払拭されました。

実際に測ってみるとわかる事実

jetstarの荷物制限が厳しいのかどうかを知るためには実際に測ってみるのが最も単純でわかりやすい方法でした。一人分の着替えだけであれば数日分あっても到達することはあまりなく、それ以外の携行品がどれだけ多いかに左右されます。

カバン自体が重いと着替えだけでも到達してしまうことがあるとわかりましたが、バックパックや軽量型のスーツケースを利用すると本体は1kgに満たないのでたくさん詰め込むことが可能でした。一般的な旅行グッズを一通り揃えても7kgに到達することはあまりないので、この重量制限は無駄にものを持ち込まないで欲しいという願いを反映したものとして合理的と言えます。

結果的に軽量バッグに入れれば問題なく必要なものを持ち込めました。

減らすための工夫も肝心

人によっては荷物制限にかかってしまうこともありますが、工夫によって1kgや2kgであれば減らすことができます。あくまでjetstarの規定は手荷物の重量の合計が7kg以内というものであって、身につけているものは該当しません。

暑くて脱いでしまったオーバーコートを手荷物に入れていると重量制限に該当しますが、着ていれば問題ないのです。また、財布やベルト、アクセサリーなどについても身につけていれば問題ないため、ポケットに入れられるものをできるだけ入れてしまうと軽くすることができます。

帰りに少し超過してしまいそうだったのでポケットに入れられるだけ入れておいたら問題なくすべて機内に持ち込むことができました。

Follow me!