Jetstarの機内持込手荷物の注意点

jetstarでは大手航空会社以上に機内持込手荷物について注意する必要があります。大手航空会社でも同様ですが、いろいろな制限、例えば中に入れて良いものや入れてはいけないもの、サイズ、それに個数などが決められています。その制限からはずれると、別途手数料を支払ってカウンターで預けなければならなかったり、あるいはカウンターで預けることもできなかったりして放棄するしかなくなったりします。
まず、常識的なことですが、jetstarに限らずどんな航空機であっても危険物は持ち込めません。

日常的に使っているようなものでも、危険物に該当するものはありますからうっかりしないようにしましょう。例えばスプレー類、花火、オイルライターなどです。これらは機内に持ち込むこともカウンターで預けることもできません。
次に、国内線では関係ありませんが、国際線の場合には液体物の機内持ち込み制限があります。機内に持ち込むあらゆる液体物は、一つ一つが100ml以下の容器に入っていて、かつ全体が容積1リットル以内の再封可能な透明なプラスチックバッグに入れておかなければなりません。注意点としては、まず液体とはジェル状やクリーム状のものも含まれます。また、一つ一つの容器の大きさが100ml以内でなければならず、たとえ中に入っている液体の量が100ml以下であったとしても容器の大きさが100mlを越えていてはいけません。

これらの条件を満たした上で、機内持ち込みができる荷物のサイズや個数について制限があります。それは、3辺が56cm×36cm×23cmまでのものが1個です。一般的なカバン、バッグ類であれば多くはこのサイズ内に収まるでしょうが、最近のキャリーバッグ、キャリーケースなどはこのサイズをオーバーするものもありますから、注意が必要です。ただし、この1個とは別に、いわゆる手回り品、身の回り品は1個まで持ち込めます。手回り品、身の回り品とは、例えばハンドバッグ、ノートパソコンなどが該当します。国際線の場合は免税品もここに含まれます。

このサイズ、個数をオーバーするようなものは、確かに現場レベルでは多少のことであれば見逃してもらえることも多々あるでしょうが、規定上は機内には持ち込めません。ですから、指摘を受けて貨物室に預けざるを得ないような状況になっても文句を言うのはお門違いというものです。もちろん、その場合は別途費用がかかります。”

Follow me!