リーズナブルに使えるjetstarの受託手荷物のシステム

エコノミー運賃での受託手荷物

エコノミー運賃として知られるjetstarの運賃の種類はいくつかありますが、その種類によって受託手荷物にかかる費用が異なっています。StarterStarter FlexiBizの場合には15kgから40kgまでの範囲で5kg刻みで料金が定められていますが、それ以上のものになると無料で預けることが可能です。

ただし、Starter PlusStarter Maxの場合にはそれぞれ10kg、30kgまでが上限の重量となっていて、これを超過する場合には追加料金を払わなければなりません。

この重量制限が一般的な上限とは異なっているのが特徴です。多くの航空会社では20kgを上限としていますが、もっと少ない人あるいは多い人に向けたシステムになっています。

重量制限を考慮すると安い

受託手荷物を利用するときにはもし10kg程度か20kgを超えて30kg以内に収まるというのなら、20kg以下という制限を行っている航空会社を選ぶよりもjetstarの方が割安になる可能性があります。

その上限量を持っている人が搭乗するという想定で燃料などを計算しているので、20kg持っていると想定されるよりも10kgだけ持っているケースの方が運賃を安くすることが可能だからです。実際にこの視点から他の航空会社で20kg以下の手荷物を預けられるようにするよりも、Starter Plusでjetstarを選んだ方がかなり安くなりました。

システムの特殊なところに着目したことでお得に利用できる会社を選び出すことができたのです。

追加のときには予約時の申し込みが重要

気をつけておく必要があるのが受託手荷物の申し込みの仕方でした。jetstarのフライトを予約する時点でStarter Plusなどのプランを選んで予約するのが最も安上がりになると知ったのは、後になってからのことで、最初に申込んだときには余計に料金を払うことになってしまいました。

予約のときにもっと手荷物を預けたいと考えていたら、その時点で手続きをした方が安くなるのが基本なのです。

搭乗日にカウンターで手続きをしたために高くなってしまったので、最初に旅
程を立てたときにどの程度の手荷物が必要になるかを想定して、どのプランを選んで予約を取るかを決めておくのがjetstarを安く利用するために必要だとわかりました。

Follow me!