jetstarで預け入れ荷物をなくして、安く札幌に行った!

預け入れ荷物は本当に必要か!

前から海外旅行に行く際は、格安航空券「jetstar」などのLCCを利用してましたが、チケット自体の料金は他の航空会社より安かったのですが、預け入れ荷物の料金がかかってしまい、最終的には、他の航空会社より少し安い、下手すると同じぐらいの料金になってしまう事が、たまにありました。

そこで、機内に持ち込みができる物をネットで検索してみると、基本的に国内線は国際線より機内持ち込み荷物の制限は低いらしく、「危険物、刃物、アルコール度数の高いお酒、0.5kgまたは0.5L以上の化粧品類」など以外なら、機内に持ち込める事が可能と書いていました。

今回は国内旅行で荷物も少なかったので、初めて全部の荷物を機内に持ち込んでみる事にしました。

 

機内持ち込み荷物の重量制限

jetstarのホームページを確認したら、エコノミークラスの機内持ち込み荷物の重量制限は合計7kgと書いてました。個数制限もあり、キャリーケースなどの、手荷物1個と、ハンドバックなどのお手回品1個です。そこで、2〜3泊用のキャリーケースと少し小さめのリュックサックを持って行きました。札幌には3泊4日する予定でしたが、荷物は充実収まりました。

僕は夏場に行ったので、衣服類がそこまで、多くなかったのですが、もしこれが冬場だったら、「ダウンジャケット」といった、防寒具が必要だったと思います。しかし今アウトドア用の収納する時に小さくなる「ダウンジャケット」などがあるので、荷物を減らしたい場合はそういった物を持っていく事をオススメします。

実際にどうだったか!

荷物検査の時に、コンタクトレンズの洗浄液や洗顔クリームは大丈夫だったのですが、ドラッグストアのオリジナルブランドのヘアジェルが機内内に持ち込めませんでした。また僕は荷物の重量やサイズのチェックされなかったのですが、少し大きめの荷物を持っている人などは、係員の人にチェックするように言われてました。

どれを持ち込んで大丈夫で、どれが持ち込んでは、いけないのかをはっきり理解する必要がありますし、国際線と国内線では制限基準が違う場合があるので、前もって調べといた方がいいと思います。しかし「jetstar」のようなLCCは、荷物を機内に持ち込む事が出来れば、料金は安くなりますし、到着後、荷物を待つ必要がないので、時間の節約にもなります。

Follow me!