Jetstarの受託手荷物は事前に確認するべし

飛行機での旅は車や電車に比べてはるかに速度が速いので目的地まで快適にたどり着くことができますが、運賃が高いのがハードルになってあまり頻繁には利用できません。そこで利用してみたいのがLCCで、JALやANAなど普通の航空会社に比べてはるかに安い運賃で飛行機に乗れる上、大手があまり就航していないような路線や早朝・深夜の時間帯でも運行しているので使い方によっては旅行をもっと快適にしてくれます。

LCCの中でもjetstarは北海道から沖縄まで幅広く就航していて、韓国やオーストラリアなど海外旅行にも行ける便利な航空会社です。運賃は変動制なのでタイミングよく予約すれば普通の航空会社の半額以下の値段でお得に旅行に行けて、国内旅行並みの値段で海外に行くことも可能です。

旅行のときに気になるのはスーツケースやハンドバッグなどの所持品の管理です。大手の航空会社は無料で持ち込んだり預かってもらえる範囲が広く、多少重量をオーバーしても見逃してもらえる場合がありますが、LCCは管理が厳しいので事前にしっかり確認しておくことが必要です。チケットを購入するときに荷物のOptionを同時に選択できるので、大きさや重さをあらかじめ計算して料金を前払いすると一番安く所持品を運べます。当日に空港で手続きをするとかなり割高になる上、サイズや重さによっては預かってもらえないトラブルもあるので気をつけましょう。

jetstarでは受託のスーツケースなどは1個32キロまでと規定されていて、サイズが大きいものや規定範囲を超えるものはあらかじめ申告して貨物扱いになったり特別料金が加算されることがあります。エコノミークラスの「Starter」運賃で予約するときは15キロから40キロの間で5キロごとにあらかじめオプションを選択して受託用の代金を前払いできます。「Starter Plus」や「Starter Max」を選ぶと航空券の代金は少し割高になりますが、10キロや30キロなど路線とチケットの種類によって無料で受託サービスが利用できるので重さによって使い分けましょう。option付きの運賃を選ぶと荷物の料金が含まれているだけでなく、事前に無料で座席指定ができたり機内で飲み物や食事のサービスを受けられたり予約内容の変更手続きが可能になったりするので、利用したいサービスの料金を計算してお得になるようであれば割高なチケットを選択するほうがトータル料金が安くなります。